社員食堂でエコ!おいしおす京都2012  社員食堂で地産地消キャンペーン参加団体募集 8/27(月)締切

近場でとれた食材を選ぶ「食の地産地消」は、地域の経済、農業振興を促すと同時に、輸送に伴うエネルギー由来のCO2排出を削減する効果があります。
そこで、社員食堂で京都府内産食材を推進する事業者を募集いたします。

1206-2

この事業は、きょうと風土コンソーシアムが行う「低炭素型食の好循環プロジェクト」(環境省補助事業)の一環として実施しています。

実施期間

2012年10月から12月

実施していただくこと

1.期間中、少なくとも5日間以上、社員(学生)食堂で京都府産の食材を利用したメニューを提供すること。

2.食堂の利用者に対し以下に関する情報を提供すること。

・地産地消キャンペーンに取り組んでいること
・地産地消の意義や効果

3.期間終了後、実施報告を京都グリーン購入ネットワークまでご提出ください。

実施報告(A41枚程度。フォーマット有)

オプション

期間中、府内産の農産物によるCO2削減効果を限定20団体まで計算いたします。(多数の場合は抽選)。
計算を希望される場合は、利用された食材の産地や重さなどのデータを提出していただくことが必要です。(別途フォーマットを送ります)

申込み

参加申込書に必要事項を記入し、京都グリーン購入ネットワークまでお申し込みください。

申込み締切

8月27日(月)
参加申込書、実施報告書:
参加申込書、実施報告書は下記からダウンロードしてください。(Word書類)
参加申込書ダウンロード(40KB)実施報告書ダウンロード(36KB)

 

京都の第一次産業・経済の活性化、環境保全、社員の健康に貢献するCSR の取り組みにもつながります!

京都の自給率を上げよう!

京都の自給率はカロリーベースで13%(平成22年)。
国全体の自給率は40%ですからそれよりもかなり低い数字になっています。
地元のものを食べることは、地元の第一次産業・経済の活性化、さらに、輸送や保管にかかるエネルギーが減るため、温暖化防止にもつながります。
また、農産物であれば、農地を守ることになり、多様な生物のすみかを守ることにもつながります。

栄養士さんもおすすめ!美味しくて栄養価の高い旬野菜

ほとんどの野菜には旬があり、その時期はカロテンやビタミンCなどの栄養素が3〜4倍になります。
旬の野菜は、その季節に、その野菜に合ったストレス(暑さ、寒さ)を受けることにより、栄養価が高まります。
安いだけでなく、美味しく、そして、健康増進にも貢献できるのが「旬」の野菜です。

社員の活力に 利用者も増加

地元産食材を取り入れることによって、ある会社では食堂の利用者が増えた、という報告もありました。
また、昨年秋のキャンペーンでは6割がよく売れた、と回答しています。

MEMO

従業員の活力と健康増進のために、美味しさと食の安全を追及した結果、採れたて・新鮮な地場の食材の利用に行き着き、地産地消の取り組みを開始しました。
社員が元気になって、いい環境でいい仕事ができる。
これは、意外と見落とされがちな “社内のCSR”ではないでしょうか。
((株)島津製作所 人事部厚生グループ主任 上田美景さん)

キャンペーンQ&A

Q1.地産地消の取り組みによって、コストアップになったりしないのでしょうか。

1206-2-gurafu

グラフこれまでの取り組み状況を分析すると、約7、8割が「変わらない」と回答しています。
ポイントとしては
1)旬の京都産野菜を使うこと(旬の野菜は価格が低め)
2)仕入れの工夫をすること(例:早めに仕入れ業者に頼んで、旬の野菜をセットで仕入れたり、地元の生産者や行政と連携したりする)によって価格を押さえることができています。
去年の取り組みでは、約6割がこうした工夫は「容易だった」と回答しています。

Q2.京都産食材の仕入れ先情報はありますか。

京都産畜産物関連は以下、京都府のウェブサイトで数多く紹介しています。
水産物関係の仕入れについては右記にお問い合わせください。
・舞鶴水産流通協同組合  0773-75-3275
・京都府漁業協同組合連合会 0773-77-2202
・京都府農林水産部水産課  075-414-4992

ページの先頭へ