試してみませんか? 職場で京都の野菜 京やましろ産食材勉強会(試食つき)のお知らせ

京都には、社員(学生)食堂や職場で利用できる、新鮮で美味しい地場産食材がたくさんあります。とりわけ、京都南部地域では、農産物の生産地域である区域も多く、年間を通じて地元農産物が生産されています。

地元産農産物の利用を企業等の従業員の昼食に積極的に利用することを通じて、輸送エネルギーの削減によるCO2排出削減(フード・マイレージCO2排出削減)、地元一次産業の振興、栄養価の高い新鮮で旬な農産物の利用を通じた従業員の福利厚生の充実などが図れます。

また、近年の動向として、地元産農産物購入はグリーン購入としても位置付けられ、企業の環境貢献と考えられるようになってきています。企業の環境貢献やCSR活動と位置づけ、地元の旬の農産物を職場で活用してみませんか。

(主催:京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人京都地球温暖化防止府民会議),共催:やましろ産ごちそうさんプラットフォーム(京都府山城広域振興局)・木津川市・京都グリーン購入ネットワーク・京都府農林水産部)

※ この勉強会は地域産/旬の食材利用を切り口に伝える低炭素地域プロジェクトの一環で実施されます。

詳細は、京都府地球温暖化防止活動推進センターの案内をご覧ください。

★ 案内チラシはこちら(PDF) ★

申込みおよび問合せ先:

京都府地球温暖化防止活動推進センター(担当:西澤)
TEL: 075-803-1128 FAX: 075-803-1130
E-mail: sanka※kcfca.or.jp (※をアットマークに置き換えてください)

ページの先頭へ