食×京都×SDGs 地産地消キャンペーンのご案内

地産地消を促進するため、KGPNでは「食×京都×SDGs 地産地消キャンペーン」を実施します。京都府内の企業食堂、学生食堂などのキャンペーンに参加いただき、京都府産の食材・食品を使って頂きます。

キャンペーン期間

2017年10月~2018年2月

キャンペーンでご協力いただくこと

キャンペーン期間中に、貴社・団体・大学などのレストラン・食堂等(弁当の提供を含む)で地元産食材・食品を利用した食事を提供、もしくは社内販売をして頂きます。

  1. 地元産食材・食品をキャンペーン期間中に1品目以上利用する。
  2. 地元産食材・食品を社内(団体内・学内)で販売する。

※ 地元産食材・食品とは(次のいずれかを満たして下さい)
(1)京都府内産の農畜水産物 または (2)京都府内産原料の加工品(酒・お菓子を含む)であること。

  • キャンペーン応援の卓上POP、A2ポスターをお送りします(無料)。
  • キャンペーン終了後に、使われた又は販売された地元産食材・食品名と数量を報告して頂きます。
  • 報告頂いたところには地産地消による温室効果ガスの削減効果の計算書をお渡しします。

申込方法

地産地消キャンペーン参加申込用紙(PDF:約840KB)

上の申込用紙に書かれた必要事項をご記入の上、KGPN事務局までFAXまたはメールにてご連絡下さい。

送付先:KGPN事務局
FAX 075-708-8062
E-mail kgpn※dolphin.ocn.ne.jp(※を@に置き換えて下さい)

 

キャンペーンについて

主催:KGPN 共催:京都市
後援:京都府、亀岡市、南丹市、亀岡商工会議所、南丹市商工会
お問合せ:地産地消2017年 食×京都×SDGsキャンペーン事務局
KGPN事務局(旧 京都グリーン購入ネットワーク)事務局
(担当:上田、古本、土井、丸谷)TEL.075-708-8551

このキャンペーンは平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。(京都市内は除く)

 

SDGsは持続可能な開発のための2030年に向けた世界の目標です。多くの地域で、企業や市民団体等がこの目標に向かって取り組みを進めています。この取り組みに参加し「地域で作ったものを地域で食べる」ことはSDGsと同じ目標を持った活動であり、社会貢献です。

ページの先頭へ